ヴォーヌ・ロマネ 2020 / ジャン・ルイ・ライヤール

¥10,120 税込
在庫数2
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
ワイナリー:ジャン・ルイ・ライヤール
生産地:フランス / ブルゴーニュ / ヴォーヌ・ロマネ
品種:ピノノワール100%
タイプ:赤
栽培:ビオロジック
SO2:60mg / L

【DRCから受け継いだ栽培・醸造から生み出される素晴らしいワイン】
DRCで40年間働いていた母と,同じく37年間働いていた父を両親に持つジャン=ルイ・ライヤール。このようにDRCと縁の深いライヤールは毎年DRCの瓶詰めに立会い,試飲も行う権利を持っています。
自らもDRCで働き,様々なネゴシアンでも働いた経験を持つライヤールは,ボーヌ醸造学校で教鞭を取る傍ら,自身のドメーヌでワインを造っています。
そんな彼のワイン造りは有機栽培(ビオディナミ転換中),馬による耕作,遅い収穫,低収量,非除梗,高温発酵,澱引き回避,無清澄・無濾過,重力に逆らわない瓶詰めなど,DRCを彷彿させるスタイルで素晴らしいワインを生み出しています。


※インポーターvivit様情報
ヴォーヌ・ロマネ 2020
手摘みで収穫したブドウを畑とセラーで2度に亘って選果した後、野生酵母のみで自発的に発酵を行う。発酵前半はオープントップの状態で1日2回足による櫂入れを行い、発酵後半は蓋をして、1日1回の櫂入れに留める。キュヴェゾンの後、発酵槽から引き抜いて圧搾し、Sirugueシリュグ社製の木目の細かいアリエ産のバリックに移して、シュール・リーの状態で熟成を行う。

熟成中、澱引きは行わず、瓶詰めの約1ヶ月前の高気圧の時期を見計って1回のみ澱引きを施し、1ヶ月後の同じく高気圧の時に無清澄・無濾過で、ポンプ等は一切使わず、重力を利用して自然に直接樽から瓶詰め。醸造中の亜硫酸の添加は必要最小限に留める。

2020年物は8月24日に収穫。全房比率20%。新樽比率60%。熟成期間14ヶ月。
2022年2月時点のSO2トータルは60mg/l。

すべての商品

カテゴリ一覧

<関連商品>